【注目】ご来社時のご案内です。

平素は格別のお引き立てを賜り、心よりお礼申し上げます。

ご来社時のご案内を下記にて簡単にまとめさせていただきましたので、是非ご一読して頂きます様
よろしくお願い申し上げます。

[神鋼商事にお越しのお客様へ]

【構内への入り方】
➊減速し、バック入庫にて構内へお進み下さい(トラック、普通乗用車等、車両の形態・サイズを問わず一律バック入庫をお願いしております)。

➋車両を後進させ、事務所棟を過ぎますと、床面に埋め込まれた計量部(金属製)に差し掛かりますので、そちらで一時停止なさって下さい。


➌停車した状態で車両の総重量を事務所内より計測しております。乗車なさっている方は車から降りず、計量終了を知らせるブザーが鳴るまで停車し続けて下さい。この際、工場内の作業音でブザーが聞き取りにくくなることがありますので、車の窓を開けて頂けると助かります。

➍計量が終わりましたら、構内スタッフが積荷を確認し、荷降ろし場所をご指導致します。
すぐに荷降ろし場所に移動出来ない場合には、待機場所まで誘導致します。


場合によってはロープを外したり、破損の怖れのある品物を除去したり、荷降ろし前の準備をして頂くこともあります。

【荷降ろし中のご注意】
工場棟に於いては、ヘルメット、保護具、安全靴等の装備が必須です。
軽装のお客様は車両や作業機器類から離れ、安全を確保して頂くことになります。
また、必要に応じて車のアオリ・扉等を開閉して頂く場合もあり、荷降ろしする品種が多岐に渡った場合、何度か計量部に車両ごと乗って頂くこともあります。


【荷降ろし後の出庫(計量)~事務所棟へのご案内】
車両の空車重量を計るため、全ての荷降ろしが終わった後に再度計量部に乗って頂きます。
この時も車を完全に停止させ、計量終了のブザーをお待ち下さい。
計量が終了致しましたら、他の車両の運行を妨げない位置にお車を停め(計量部から右斜め前の工場棟軒下部分や、敷地南側の道路手前部分等)、事務所棟向かって右側の出入り口よりお入り下さい。事務スタッフが対応させて頂きます。

以上
入庫~出庫の簡単な説明となりました、なおご不明な点などございましたらお気軽にお問合せください。

皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。