【防災】9月1日は防災の日

残暑お見舞い申し上げます
まだまだ暑さ厳しき折ですが、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

去る9月1日は防災の日でした。
以下は防災の日が設定された経緯について調べてみましたので是非ご一読ください。

「防災の日は、昭和35年(1960)年6月11日の閣議で、9月1日を防災の日とすることが了解されたことに始まります。
 9月1日を防災の日とした経緯は、以下のとおりです。
 9月1日は、関東大震災が発生した日であるとともに、暦の上では二百十日に当たり、台風シーズンを迎える時期でもあり、また、昭和34(1959)年9月26日の「伊勢湾台風」によって、戦後最大の被害(全半壊・流失家屋15万3,893戸、浸水家屋36万3,611戸、死者4,700人、行方不明401人、傷者3万8,917人)を被ったことが契機となって、地震や風水害等に対する心構え等を育成するため、防災の日が創設されました。」

とあります。
首都直下型地震などがささやかれている今日です。もし来社時に地震などが発生した場合は、すみやかに工場社員の指示に従って避難して頂きます。
なお、ご来社の際は下記の安全装備をお忘れなく、併せましてよろしくお願い申し上げます。

■ヘルメット
■作業着(長袖、長ズボン)
■安全靴
■手袋

※各装備をお持ちでないお客様へは、貸出用備品もございますのでその際はお声がけください。